• プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ
お問合せはこちら
トップページ › 事業内容 › 低活用期間文書の保管

事業内容

低活用期間文書の保管

文書のライフサイクル 保管(高活用期間文書) 保管(低活用期間文書) 機密抹消処理 リサイクル 循環型グリーン製品
  • レコードマネジメント
  • 高活用期間文書の保管
  • 低活用期間文書の保管
  • 機密抹消処理
  • リサイクル
  • 循環型グリーン製品

調査・分析

文書量の調査・分析を行い、文書管理に必要な情報を的確に把握します。

回収と運搬

保存が確定した文書・記録情報を、お客さまのオフィスから福岡セキュリティセンターへ回収・運搬します。

保管(低活用期間文書)

セキュリティ管理体制が整備された福岡セキュリティセンター内の専用書庫で、ケース単位の保存文書を保管管理します。

閲覧

保管中の閲覧にも対応しております。

来社
レセプションルームにて閲覧をしていただけます
配送
オフィスまで配送し、完了後にお引取りいたします
電子
文書をスキャニングしデータとして電子配信いたします

保存期間満了

文書保存年限管理に基づき、保存期間満了のご案内をいたします。

再評価選別

情報の重要度・活用度を評価し不要文書を的確に廃棄処分することで、情報の新陳代謝を促進し、限られた保管/保存スペースを有効活用したコストダウンが図れます。

残す
低活用期間文書として継続保管
移す
電子化
捨てる
機密廃棄処理へ

機密廃棄処理

廃棄処分対象の文書・記録情報は、施設内の機密文書専用処理室で破砕処理を行い、外部への情報流出を防止します。
再資源可能な規格に破砕し盗難・判読防止を図るため、密閉  圧縮加工し情報流出の防止を図ります。
作業完了後に「機密抹消処理証明書」を発行します。

機密抹消処理証明書

リサイクル

破砕処理した文書・記録情報は、提携した国内の製紙会社で紙製品の原材料として確実に再利用します。

リサイクルへ

循環型グリーン製品

製品の品質と価格、環境負荷の低減に努めた循環型グリーン製品の企画・開発から販売まで手懸けています。
1 提携している製紙会社に一方的に原材料を供給するだけでは循環型社会の形成はできません。
2 私たちは文書・記録情報のライフサイクルを一元化し、回収から処理までの「見える化」と「トレース管理」を図るために原材料を供給している製紙工場で製造される製品の販売を手懸けて います。

循環型グリーン製品


ページトップ